コミヤジンスキーワールド(沙紗と民族衣装)

【令和元年7月12日更新】

またしても久しぶりの更新です。

本日の一発目はベトナムから

  1.  ベトナム語で「はと」のことを何というでしょう?ヒント、大変面白い日本語です。
  2.  コーヒー輸出大国のベトナムには「The piece de resistance」という高級品があります。そのコーヒー豆はどのようなもの?
  3.  バイクの多い国ですが、日本とは大きく違う法律があります。それはどんなこと?
  4.  次は動物問題です。アフリカスイギュウとアジアスイギュウ、外観的特徴とは別に、ある大きな違いがありますが、それは何?

ベトナム問題の答え

  1. 「チンポコ」
  2.  ジャコウネコから排泄された糞の中に未消化で残ったコーヒーの種(豆)
  3.  三人乗りが許されている。(12歳以下の子供は人数に含めないと解釈されるからだそうです。)
  4.  アジアスイギュウは家畜化できるが、アフリカスイギュウは気性が荒いので家畜化できないそうです。

次はインドの問題

  1.  インドでは、人を呼ぶときはファーストネームで呼ぶのがマナーだそうですが、それは何故?
  2.  日本では誰でも持ち歩いたり所持していたりするものなのに、インドでは違法なものとは?
  3.  「インド飲み」とはどのような行為?
  4.  インドの猿「ハヌマンラングール」に関する問題です。世界で初めて確認されたサルの世界における行動とは?
  5.  淡水に棲むイルカ「ガンジスカワイルカ」に関する問題です。身体のある器官を欠く唯一の哺乳類と言われていますが、それは何?

インドの問題の答え

  1.  ラストネーム、つまり苗字でカースト(身分)が判ってしまうから。表向きには、現在のインドではカースト制度は廃止されたことになっていますが、現実には存続しているようです。
  2.  レジ袋(プラスチックバッグ)。2018年からインド国内全域でプラスチックバッグが使用禁止となりました。違反するとかなり高い罰金、もしくは懲役刑の可能性もあるそうです。
  3.  飲み物を飲むとき、飲み口に直接口を付けないで飲む飲み方。宗教上、他人が口をつけた物には口を付けないという考え方なのだそうです。
  4.  子殺し。ライオンなどでは知られていますが、群れのオスが入れ替わった時、前のオスとの間にできた子供を新しいオスが殺してしまう行為
  5.  球の水晶体が無く、従って目はほとんど見えず、光や明るさを感じる程度だそうです。(※かわりに、音響によるエコーロケーションができるそうです。)

本日の最後はタイから

  1.  首都バンコクと画家ピカソとの共通点とは?
  2.  喫茶店などでは、絶対に「コーヒー」と言って注文してはいけないそうです。それは何故?
  3.  街中では修行僧をよく見かけますが、女性が最も気を付けなければならないこととは?
  4.  貨幣に関することでタブーとされるのはどんな行為?

タイの問題の答え

  1. 正式名称がやたらと長い。1782年、当時のラーマ1世がバンコクの地の干拓に思いを寄せて詩を詠んだそうで、その詩がそのまま正式名称となったそうです。正式名称は “クルンテープ・マハナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラスィット” (日本語訳)“イン神(帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヴァカルマン神)に命じて作った、神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王都、最高で偉大な地、イン神の戦争のない平和な、不滅の宝石のような、偉大な天使の都” だそうです。
  2.  卑猥な意味に受け取られるから。「コー」は「~をください。」という意味で、「ヒー」は女性の陰部を意味するから。「カフェ」と言わなければ恥をかくようです。
  3.  女性は修行僧の身体(服)に触れてはならない。女性が触れると、触れられた修行僧のそれまでの修業の成果が無くなってしまうのだそうです。
  4.  貨幣には国王(王族)の肖像が印刷されたり、彫像されたりしており、もしも紙幣や硬貨を踏みつけたりすると、国王を侮辱したとして罰せられる可能性があります。

以上、今回アジアの三カ国からの問題でした。

次回の更新はいつになるか分かりませんが、またのお楽しみに!

【令和元年5月23日更新】

 令和になってこちらのシリーズも、すっかり更新するのを忘れていました。

 ということで、改元後の最初は、愛しの沙紗さんの故国ベラルーシから。(この国のイラストが本来の沙紗さんのスタイルですね。)

  1.  ソビエト時代は、「○○共和国」と呼ばれていた?
  2.  2013年、ルカシェンコ大統領がある賞を受賞しました。いったい何賞?
  3.  政治的スローガンを叫んだとして、一人の女性が逮捕されましたが、これに対して「この国の法廷では奇跡が起きている。」と皮肉られました。いったいどうして?
  4.  ヨーロッパ最後の独裁者と呼ばれるルカシェンコ大統領ですが、地球環境のことは考えているようで、タバコは吸わず、お酒もめったに飲まないそうです。果たして、お酒の何が地球環境に関わっていると信じている?
  5.  失業率が高い国なのに、矛盾するような法律もあるようです。どんな法律?
  6.  ベラルーシの国獣はヨーロッパバイソン。このヨーロッパバイソン、アメリカバイソンに似ていますが、外見的に見分けるポイントがあります。いったいどんなこと?

ベラルーシの問題の答え

  1.  「白ロシア共和国」「ベラ」は「白(コットン畑に因む)」、「ルーシ」は「ロシア」(※本来の「ルーシ」はロシアとは別という説あり。)の意であることから、直訳的に日本では「白ロシア」と呼ばれました。
  2.  「イグノーベル賞」公共の場所での拍手を法律で禁止したのを「功績」として皮肉ったようです。
  3.  その女性はろうあ者であったため。
  4.  ゲップが地球の温暖化につながると信じているから。(※この答えの根拠は見つかりませんでしたが、代わりに過去のベラルーシは、世界トップクラスのアルコール摂取率の国だったということが分かりました。)
  5.  半年以上働いていない者には罰金が科せられるそうです。(※近年では専業主婦にも罰金が科せられるという情報もあります。)
  6.  体毛が短いため、耳が毛の外に見える。

 次は、コミヤジンスキー画伯が沙紗さんと出会った国、日本からの問題です。

  1.  織田信長が秀吉のことを「猿」と呼んでいたのは、実は間違いで(※信長以外の者が「秀吉は猿に似ている」と言ったという記録はあるようです。)、実際は「○○鼠」と呼んでいたようですが、○○とは?
  2.  世界中で行われている、結婚に関することで、日本では「坂本竜馬」が最初と言われることとは?
  3.  医者であり作家でもある「森鴎外」は極度の潔癖症で、野菜や管元も生では食べなかったと言われています。その彼の好物がお茶漬け(煎茶)だったそうですが、意外なものを具にしていたようです。果たして何?
  4.  当山の金さんこと「遠山景元」は、特別に籠に乗っての登城が許されていたそうです。いったい何故?
  5.  ぽっちゃり型の女性が好みだった西郷隆盛、料亭の仲居に一目ぼれした彼はその仲居に「○○姫」とあだ名をつけたそうです。その○○とは?(ちょっと失礼かも?)

日本の問題の答え

  1.  「禿(はげ)鼠」
  2.  新婚旅行
  3.  饅頭
  4.  痔を患っており、騎乗が困難だったからだそうです。(※本来遠山景元の身分では、籠での登城は許されていなかったそうです。)
  5.  「姫」(※今の女性にこんなあだ名付けたら、多分張り倒されますね。(笑))

 令和最初の更新はここまで!今回コミヤジンスキー画伯の永遠の恋人沙紗さんの故国ベラルーシからの問題は、彼の国の特殊事情により検証困難な問題ばかりで苦労しました。従いまして今回も、普段にも増して答えの正否は保証いたしかねますので、くれぐれもよろしくご理解のほどを! m(__)m なお(※)内の記述はオカヒデによる加筆です。

 令和になっても、このシリーズをどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

1 2 3 4 5 6 7

2 COMMENTS

高本太喜知

意味不明、勉強したんだろうけど何が言いたいのか、理解に苦しいじぇ。
コロナは超えられない。今何をなすべいきか? お互い向き会おう。

返信する
okahideroom

サイト運営者のオカヒデです。コメントありがとうございます。
原作者のコミヤジンスキー画伯は今のところメールが使えないので、コメントを返せません。
今、メール使えるようになるよう説得中です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です