コミヤジンスキーワールド(沙紗と民族衣装)

【2019年2月26日更新】

 本日の最初はスペインからの問題

  1.  1936年のスペイン内戦においてヒトラーの支援を受け勝利したフランシス・フランコ。その借りを返せとばかりにヒトラーが第2次世界大戦への参戦を要請したことに対し、フランコはのらりくらりと態度で参戦を渋りました(スペインは当時、経済的には米英との関係を簡単に切れない事情があった)。業を煮やしたヒトラーは1940年10月、スペインとの国境に近いフランスのアンダイエにおいてフランコと会談を開き参戦の約束を取り付けようとしましたが、フランコは確約をしませんでした(※これによりフランコは、スペインを枢軸国側に組み入れ第二次世界大戦における敗戦国となることを、結果的に回避したと言えるでしょう)。ヒトラーはよほど腹が立ったのか、会談の後、自分が最も嫌いなあることを引き合いに出して愚痴を言ったそうです。はたして、ヒトラーが最も嫌いなこと(※1月18日更新の問題の中にヒントがあります。)とは?
  2.  ポルトガルと共にその昔、世界の海を席巻していたスペイン。実は現代においても、その過去の栄光を物語る国際会議があります。それは何という会議?
  3.  牛追い祭りに関する問題です。その名前とは異なる祭りのかわった禁止事項とは?

スペインの問題の答え

  1. 「もう一度こんな会談を開くくらいなら、歯を2、3本抜く方がましだ。」とこぼしたとか。(※今日で言う「健康オタク」のようなヒトラーでしたが、歯医者だけは大の苦手だったようで、彼の歯はほとんど虫歯だったそうです。)
  2.  イベロアメリカ首脳会議。「イベロ」とはイベリア半島のことで、スペイン、ポルトガルと中南米諸国の首脳が集まる国際会議で、1991年から毎年開催されています。(※会議はスペイン語とポルトガル語が入り乱れているそうですが、相互に通訳はしないそうです。)
  3. 「牛追い」祭りなのに牛の後ろを走ってはならない。(※そのほか18歳以下の未成年は参加禁止、許可なく撮影も禁止など、祭りの安全確保を目的とした規則が決められているそうです。)

次はドイツの問題

  1.  今日では当たり前となっていることで、実はベルリンオリンピックが最初といわれることは(二つ)?
  2.  ベルリンオリンピックにおける我が国のラジオの実況中継で、アナウンサーが興奮のあまり「前畑ガンバレ!前畑ガンバレ!…」と20回以上も連呼した(※初の絶叫中継?)競技種目は?
  3.  ドイツの、温泉、サウナにおけるちょっとびっくりのルールとは?

ドイツの問題の答え

  1. 「聖火リレー」と「テレビ中継」。(※当時のドイツは演出効果の研究が盛んであり、聖火リレーは極めて評判がよく、戦後のオリンピックにも引き継がれました。また、テレビ中継については、テレビ自体がまだ研究開発段階で、今日のように誰でも見られるものではありませんでしたが、ドイツの科学技術を先進性をアピールする効果はあったでしょう。)
  2.  女子200m平泳ぎ
  3.  基本的に全裸で混浴。(※老若男女の区別なし(ただしレディースデイの設定があるところも)。さすがに皆さん水着をつけるのでしょうと思いきや、水着着用禁止のところも多いとか。)

本日の最後はルクセンブルグから

  1.  今のところ、国際的には「宇宙条約」により、地球以外の天体及び空間の領有権は主張できないこととされているが、ルクセンブルグが考案した法律で、小惑星から抽出した資源に関することとは?
  2.  全ての自動車に備えておかなければならないと法律で定められている物とは?
  3.  ルクセンブルクの国鳥「キクイタダキ」に関する問題。キクイタダキは、頭頂部の黄色い冠羽が王冠のように見えることから、ヨーロッパの伝説や伝承では「鳥の○○」と呼ばれています。何と呼ばれている?

ルクセンブルクの問題の答え

  1. 「惑星から抽出される資源の権利は宇宙採掘会社に与える。」とされています。これは、惑星や宇宙空間の領有権の主張ではありません。(※「ルクセンブルクのような小国が何でこんな法律を?」と思われる方も多い(オカヒデもそう思いました)と思いますが、実は宇宙条約が発効した1967年には、人類にはまだ他の惑星への探査など夢物語の時代であり、他の惑星から鉱物資源を持ち帰ることなど想定されていませんでした。ルクセンブルクは、実はこの点を巧妙についており、一国の国内法とは言え、将来の宇宙資源に対する規定を定めるという先見性には正直、「わが国も参考にしては?」と感心しました。
  2.  ワイパー、風防ガラスが無い車にも適用(※この問題は検証できておりません。)
  3.  かなり小さい鳥なのに、鳥の「王」、ラテン語では「小さな王」と呼ばれます。

 いかがでしたか。今回の更新では(※)書きがかなり増えておりますが、オカヒデが問題を検証するにあたり、色々と調べるうちに、これまで知らなかったことや興味深いことをあれこれ見つけてしまうからです。

 読者の皆様も、このコミヤジンスキーワールドを読まれていて、「本当かな?」と思われることがありましたら、ぜひともググって見られることをお勧めします。意外と楽しいですよ。ただし、深入りし過ぎても責任は負えませんが。それではまた次回の更新をご期待ください。

【2019年2月19日更新】

 このコーナー、10日ぶりの更新となります。まずはイギリスから。

  1.  お茶に関する習慣で日本ではごく普通にありますが、イギリスにはない習慣は?
  2.  レディーが公共の乗り物内で食べることは違法とされている食べ物は?
  3.  1986年5月、初来日したダイアナ妃のドレスは日本を意識したものでしたが、どんな模様だった?
  4.  ガーンジー種(牛、ガーンジー島原産の品種)、環境に対する適応力が優れていることから「バード少将」が牛乳生産に連れて行った場所は?

イギリスの問題の答え

  1.  冷たいお茶を飲む習慣はない。従って、アイスティなるものはない。(※ 日本でも昭和の頃は無かったと記憶しております。)
  2.  チョコレート
  3.  白地に赤の水玉模様
  4.  南極

次はドイツから

  1.  我々は「良い」とか「了解」という意味で使うサインですが、ドイツではタブーになる仕草は?
  2.  同じく、相手に呪いをかける意味があり、タブーである仕草は?
  3.  ドイツ原産のドーベルマン。優美な筋肉質のスタイルから「犬の○○」と呼ばれる。○○とは?

ドイツの問題の答え

  1.  OK(親指と人差し指で丸を作る)サイン。「お尻の穴」という意味になるそうです。(※ そこから転じて、卑猥な意味や相手を侮辱する行為となるようです。ドイツに限らずヨーロッパでは、だいたい良い意味にはとられないらしいので、ローラは特に気をつけて!)
  2.  人を指さすこと。指には魔力が宿っていて、指さすことは呪いをかけるのと同然と考えられているそうです。
  3. 「サラブレッド」

本日の最後はフランスから

  1.  地下鉄の車内アナウンスで日本には無いことは?
  2.  キスを禁止されている場所は?なんでこのような法律ができたのやら。
  3.  豚につけてはならない名前は?
  4.  フランス原産のプードル。独特なヘアースタイルはどのような理由から?

フランスの問題の答え

  1.  スリへの注意喚起
  2.  線路の上
  3. 「ナポレオン」と名付けること。(※かなり古い法律のようです。)
  4.  プードルは元々水辺での狩猟において、水中に落ちた獲物を回収する犬として品種改良されてきました。このため、冷たい水温から心臓や関節を保護するとともに、水の抵抗を少なくして泳ぎ易くするためこのようなヘアスタイルとなったそうです。

 本日はここまで!なお、クイズの内容に関しては、できる限り事実確認をしておりますが、答えの正否については保証いたしかねますので、くれぐれもよろしくご理解のほどを! m(__)m なお(※)内の記述はオカヒデによる加筆です。

【2019年2月9日更新】

本日の最初はデンマークから

  1.  新婚生活に入ると浮気防止策として、新婦ははさみを使って新郎のある持ち物に穴を開けるそうです。はたして何に穴を開ける?
  2.  25歳ではシナモン、30歳ではコショウを振りかけられる厳しい風習があるが、対象者は誰?
  3.  飲酒運転で捕まった時の、驚くべき罰則とは?
  4.  デンマークの名物「人魚姫」の像。過去何度も損壊を受けているが、1961年のときは、髪の部分を赤く塗られ、あるものを描かれた。それは何と何?

デンマークの問題の答え

  1.  靴下。穴の開いた靴下をはいていれば浮気は出来ないだろうという考えから。
  2.  独身者
  3.  車を没収され、オークションにかけられる。(※日本も免許取り消しになるんだから、どうせ車に乗れないし、本人の車なら売り飛ばすのもありかもしれませんね。)
  4.  ブラジャーとパンツ(※検証のため調べたら、これ以外にもびっくりするくらいたくさんのいたずらをされています。いったいどうして?)

次はギリシャから

  1.  日本人が最初に覚えるギリシャ語と言われる、「食堂」を意味する言葉。なんという言葉?
  2.  世界中の老若男女が楽しんでいることだが、2002年7月から2004年10月まで施行された、あることを禁止した法律とは?
  3.  古代遺跡での禁止事項で、特に女性が気をつけなければならないのはどんなこと?

ギリシャの問題の答え

  1. 「ταβερνα(タベルナ)」だそうです。(※もう覚えた?)
  2. (コンピューター)ゲーム禁止令
  3.  ハイヒールを履くこと。ヒールで移籍を傷つけるおそれがあるからだとか。

本日の最後はラトビアから

  1.  ブラックヘッドの会館にある大時計。中世の時代にこの時計を作った職人の悲劇とは?失敗したわけではなく、むしろ成功したからなのですが(言い伝えとも)。
  2.  聖ヨハネ教会の建築時、この建物を災いから守るために行われた驚くべきこととは?日本でも昔、似たような習慣がありました。
  3.  その協会の前にあるのが、ドイツから贈られたもので、ある物語に因む像であるが、何の像?

ラトビア問題の答え

  1.  機密保持のためか、二度と同じものが作れないように、目をくりぬかれたそうです。
  2.  二人の修道士が自ら志願して壁の中に塗り込められ、命を落とした。日本でいう人柱みたいなもの?(※生き埋めに)したのではなく、呼吸や飲食ができるよう穴がけられていたそうですが、半ば当然のことながらほどなく絶命したそうです。)
  3.  ブレーメンの音楽隊の像(※中世の頃に「ハンザ同盟」としての付き合いがあったからだそうです。)

 本日はここまで!なお、クイズの内容に関しては、できる限り事実確認をしておりますが、答えの正否については保証いたしかねますので、くれぐれもよろしくご理解のほどを! m(__)m なお(※)内の記述はオカヒデによる加筆です。

【2019年2月6日更新】

このコーナー2月最初の更新はラトビアから

  1.  かつて「リガ大聖堂」にあった世界最大級のものは何?
  2.  ラトビア人女性が世界平均で世界一なこととは?
  3.  首都のリガ、美しい街並みから何と呼ばれている?

ラトビアの問題の答え

  1.  パイプオルガン(※今では世界で4番目らしいですが、1884年に設置された由緒あるオルガンで、なんと7000本ものパイプを備えているそうです。)
  2.  平均身長(170cm)。ちなみに男の平均身長世界一はオランダ人で182.5cm(※2014年のデータ)
  3. 「バルト海の真珠」、「バルトのパリ」などと呼ばれています。

次はハンガリーから

  1.  日本人と共通する意外な身体的特徴は?
  2.  へーヴィーズという湖は世界でも珍しい特徴があるが、どんなこと?
  3.  1946年発効の紙幣で、ギネスにも登録されているのは、どんなこと?

ハンガリーの問題の答え

  1.  蒙古斑を持つ子供が生まれる。(※その昔、チンギス・ハンに征服された歴史があるそうです。)
  2.  温泉で、泳ぐことができる。(※ただし水温は30度前後だそうです。)
  3.  1,000,000,000,000,000,000,000ペンゲー紙幣(10垓、10の21乗)。ハイパーインフレであった。(※印刷されたが実際には発行されなかったそうです。)

次はイタリアから

  1.  国内での需要増加に伴い、バチカンで新たに創設されたのは何の養成コース?
  2.  南イタリアの街「Eboli」の法律で、車内での行為が禁止されている、あまりにもイタリアらしくないこととは?
  3.  水着に関することで、「いったい誰が判断するんだよ!」と突っ込みを入れたくなるような変な法律とは?

イタリアの問題の答え

  1.  エクソシスト(悪魔祓い師)
  2.  キス。(※違反すると500ユーロの罰金だそうです。)
  3.  スタイルの良い人でないと、ビキニを着てはならない。(※信じられないような話ですが、太った人がビキニをきて海水浴場に出ると、最悪罰金をとられるということです。)

最後は(※コミヤジ画伯はよっぽど好きだな)アバ(ABBA)の問題

  1.  1982年8月17日、アルバム「ザ・ビジターズ」が世界初となったのはどんなこと?
  2.  1978年11月23日、アバは日本の歌番組「ザ・ベストテン」に出演した。この時、同時にベストテン入りしており、アバの大ファンでもあったのに、たまたま地方回りをしていて同時出演が叶わなかった、気の毒なアーティストとは?
  3.  1977年、(※アグネッタ・フォルツコグに対して)「ポップス界で一番セクシーなお尻の持ち主だというのは事実か?」とオーストラリア・ツアーで訊かれたとき「それにはどう答えれば良いの? 分からないわ、・・・。」さて、分からない理由を何と答えた?

アバ(ABBA)の問題の答え

  1.  世界で初めてCDに収録されたアルバム(曲)
  2.  ピンクレディー
  3. 「見たことないもの!」(※ネタ元を見つけるのに苦労しました。)

 本日はここまで!なお、クイズの内容に関しては、できる限り事実確認をしておりますが、答えの正否については保証いたしかねますので、くれぐれもよろしくご理解のほどを! m(__)m なお(※)内の記述はオカヒデによる加筆です。

1 2 3 4 5 6 7

2 COMMENTS

高本太喜知

意味不明、勉強したんだろうけど何が言いたいのか、理解に苦しいじぇ。
コロナは超えられない。今何をなすべいきか? お互い向き会おう。

返信する
okahideroom

サイト運営者のオカヒデです。コメントありがとうございます。
原作者のコミヤジンスキー画伯は今のところメールが使えないので、コメントを返せません。
今、メール使えるようになるよう説得中です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です