岡村秀平の「糸島日記」

【2019年11月17日更新】 

 11月6日土曜日、天気も良かったので紅葉が見ごろと言われている雷山(らいざん)を目指したのですが、ものすごい渋滞だったのであっさり諦めて、隣の瑞梅寺ダム方面を目指しました。

 瑞梅寺ダムは福岡市と糸島市に水道水を供給している他、水力発電も行っているそうです。

 瑞梅寺ダムを通り抜け、そのまま井原山の水無登山口を目指しました。

 水無登山口へは、至る所に道案内が出ているので、初めてでも問題なくたどり着けます。途中、車両による進入の自制を促す看板が出ていましたが、登山口の駐車場には、結構な台数の車が上ってきていました。

 途中の道路は軽自動車や小型車ならば問題ありませんが、3ナンバーの大きめの車だとちょっと怖いかも。

 途中の枝道は、ほとんど、が工事などのため通行止めになっています。このため、今は通れる道をどんどん行けば水無登山口にたどり着けますが、工事が完工すれば、結構道に迷う可能性もあります。(多分道案内があるから大丈夫だと思いますが。)

登山口の駐車場には結構な数の車両が。

 登山口に設置された山ナビBOX内には、入山記録ノートと「糸島の山歩き」という小冊子が入っています。ノートに所要事項を記入し、小冊子を一冊いただきました。

 水無登山口には水無鍾乳洞があります。鍾乳洞は第1と第2があり、両方とも中に入ることはできません。

 鍾乳洞は入れないので、ここで帰ろうかと思いましたが、せっかくなので井原山の方向にすこし歩いてみることにしました。

 試してはいませんが、こんな看板もありました。

 三原山山頂まではまだまだでしたが、本日は登山が目的ではなかったので、ここでUターンすることにしました。

 この看板見て心が折れました。(笑)

【2019年11月5日更新】 

 リニューアル後、最初に紹介するのは、糸島市の北端、福岡市西区に近い玄界灘を臨む海岸、二見ケ浦海岸です。

 ここは私の一番のお気に入りで、年間を通して、自転車のトレーニング等でたびたび訪れる場所です。そのたびに写真を撮るのですが、目下一番よく撮れている写真が下の写真です。

 平成29年5月に撮影したものですが、これ以上の写真はなかなか撮れないで、今回も、この写真をこのコーナーの看板に使うことにしました。

糸島市 二見ヶ浦海岸(2017年5月撮影)

 こちらは、リニューアル前にもこのコーナーで紹介した福岡市西区の西浦海岸です。写真のバスの上に映っている黄色い枠は巨大なぶらんこ。秋になっても休日には、順番待ちの大勢の人々が列を作ります。

西浦海岸

 この黄色いぶらんこが無かった去年までは、観光シーズンの夏でも、ここ西浦海岸を訪れる人はそんなに多くなかったので、正に大ヒットというところでしょうか?

 二見ヶ浦の名物は何といっても上の夫婦岩。休日にはいつもたくさんの観光客が訪れます。

夫婦岩

 二見ヶ浦は夫婦岩以外にも美しい海岸が売りで、海岸沿いにはたくさんのおしゃれなカフェが立ち並んでいます。駐車場も完備されていますが、休日はいつも満車状態となります。

 二見ヶ浦海岸から南西に数キロ行くと、彦山や志摩シーサイドカンツリークラブに続く道の入り口に差し掛かります。

 志摩シーサイドカンツリークラブはトロピカルムード満点のとてもきれいなゴルフ場です。私はゴルフやりませんが、こんなところで白球を打ったら気持ちいいだろ~な~!と素直に思います。

 志摩シーサイドカンツリークラブの入り口を右に見てそのまま坂道を登っていくと彦山という小高い山にたどり着きます。

 上の写真は、彦山の中腹(真ん中より少し上)から撮ったものです。

【2019年11月3日更新】 

 今年4月以来放置しておりましたこのコーナー。実はずっと気になっていたのですが、柱となる取材に機動力が伴わず、ついついおざなりにしていました。  そこでこの度、その足りない機動力を備えるべく、今回新たなアイテムを手に入れ、今度積極的に取材活動を展開していきます。

 少しでもこのサイトを見てくださる方々のお役に立てるよう、糸島市及びその周辺地域のネタは、上記の地図上にプロットしていきます。

(上記の地図はかなりの時間と労力を費やして手作りしました。)

ちなみにこちらが今回入手した新しい足です。
1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です